もりた眼科クリニック

レーザー治療について

当クリニックで行うレーザー治療について

緑内障

  • レーザー虹彩切開術
  • レーザー虹彩切開術
レーザー虹彩切開術

閉塞隅角緑内障に行います。周辺の虹彩に小さい穴を開けて隅角を広げます。

選択的レーザー線維柱帯形成術

選択的レーザー線維柱帯形成術、アルゴンレーザー線維柱帯形成術

開放隅角緑内障に行います。線維柱帯にレーザーを当てて線維柱帯を活性化させます。
緑内障手術が難しい場合や副作用や妊産婦など点眼薬の継続が困難な場合に行います。目の状況により、どちらかのレーザーを選択します。

網膜疾患

網膜光凝固術

網膜光凝固術

糖尿病網膜症・網膜円孔・網膜裂孔・軽度の網膜剥離などに行います。

白内障術後

レーザー後嚢切開術

レーザー後嚢切開術

白内障手術時、人工レンズは水晶体の袋(嚢)に入れます。手術後に、この嚢が濁って視力が低下する場合があります。レーザーにて嚢に穴を開け、視力を回復させます。水晶体は神経がありませんので痛みはありません。