もりた眼科クリニック

眼精疲労

眼精疲労

集中して物を見続けるなど目を使いすぎると、目が重たい、目の奥が痛いなどの症状が出ることがあります。これを眼精疲労といいます。

原因

長時間のパソコンや
読書など
近くを見る時間が長いと、近くにピントを合わせるための筋肉が疲労します。
老眼(老視)
老視になると、ピント合わせの機能が低下します。見づらい中で無理して物を見ていると、目が疲労します。
目の病気
視力が低下すると、一生懸命物を見ようとして疲労します。
身体的・精神的なもの
自律神経失調症、月経異常、心身症、ストレスも関係があります。

症状

目が重たい・目の奥が痛い・かすむなどの目の症状から、頭痛・肩こり・吐き気など目以外の症状が出てきます。パソコンなどのディスプレイを見る作業ではVDT症候群と呼ばれ、心身共に症状が出ることが多いです。

治療

まずは、原因となる環境を変える事が重要です。見続ける時間を減らす、眼鏡を合わせるなど、ちょっとした事で症状は軽快します。薬としては、ビタミン剤の点眼薬や内服薬を使用することもあります。
状況によっては、こちらから内科の受診をおすすめすることもありますので、まずは受診して症状をお話しください。