もりた眼科クリニック

診療案内

診療案内

屈折・斜視

屈折・斜視

近視・仮性近視・老視・斜視や弱視について。
視力の低下を「老視だから」と自己判断していたら、実は緑内障や加齢黄斑変性などの病気が隠れている場合もあります。目がかすんだり、何となく見えにくいと思われる方は、お早めにご相談ください。

眼精疲労

眼精疲労

集中して物を見続けるなど目を使いすぎると、目が重たい、目の奥が痛いなどの症状が出ることがあります。これを眼精疲労といいます。
薬としてはビタミン剤の点眼薬や内服薬を使用することもあります。状況によっては、こちらから内科の受診をおすすめすることもありますので、まずは受診して症状をお話しください。

結膜・角膜の病気

結膜・角膜の病気

アレルギー性結膜炎・ドライアイ・ものもらいやコンタクトレンズによる目の障害についてのご説明など。
目やまぶたのかゆみや、白っぽい目やにがでるなど、目に異常が見られましたらお早めにご来院をおすすめいたします。

白内障

白内障

水晶体(カメラで言うとレンズ)が濁る病気です。早い人では40歳代から、80歳代ではほとんどの人で白内障がみられます。
症状として、全体的に白くかすみます。光がまぶしく感じ、二重三重にも見えることがあります。白内障が進行すると徐々に視力が低下します。
ご不安な方は一度診察を受けることをおすすめいたします。

緑内障

緑内障

緑内障専門診療について、すでに緑内障の治療を受けていらっしゃる方へのご説明など。
視野が狭くなり、見えない場所(暗点)も出ますが、普段両目で見ていると発見が遅れます。視野がある程度悪化してから自覚するので、眼科の受診が重要です。

飛蚊症

飛蚊症

黒い点・髪の毛・ごみのようなものが目の前で動いて見える状態です。蚊が飛んでいるようにみえるため、飛蚊症(ひぶんしょう)と呼ばれています。
多くの場合は加齢による生理的変化ですので、心配はいりません。ただ、網膜剥離などの病気による飛蚊症かどうかは、眼底検査(散瞳検査)を行わないと分かりません。飛蚊症に気がついたらなるべく早くご相談ください。

網膜の病気

網膜の病気

糖尿病網膜症・加齢黄斑変性・黄斑前膜・黄斑浮腫・黄斑円孔や中心性漿液性脈絡網膜症についてのご説明など。
早期発見・早期治療が大切です。手術が必要になる場合もありますので、お早めにご来院ください。

健診結果について

健診結果について

人間ドックや市の健診では通常、視力検査・眼圧検査・眼底検査(眼底写真撮影)を行います。このいずれかで異常があると「要精密検査」判定となります。
「要精密検査」と判定された方は、どうぞお早目にご相談ください。

レーザー治療について

レーザー治療について

レーザー虹彩切開術・選択的レーザー線維柱帯形成術・アルゴンレーザー線維柱帯形成術・網膜光凝固術やレーザー後嚢切開術などを行います。
ご不安な点やご不明な点があれば、お気軽にご相談ください。